中古住宅購入

中古住宅購入時の注意点

私の友人で不動産を扱う仕事をしているものがいているのですが、その友人によると中古住宅がお勧めだということでした。
なんでも、中古住宅をできるだけ安く購入してリノベーションを行うそうです。
骨組みを活かしつつ、リフォームするということだそうなのですが、骨組みを活かすことで費用も安く済みますし、安く済んだ分をリフォーム費用に回せるので豪華なつくりに出来るそうです。
お庭などもそのまま使えるのであれば、その費用も浮くので安く済むのは納得できます。

 

こうした中古住宅ですが、購入するときに注意したいことがあるということでした。
家を購入する場合、たいていが住宅ローンを利用すると思います。ローンとなると金利が気になるのですが、最近ではフラット35などの優遇金利を適用したローンを利用することが出来ると思います。
わずかな金利差が大きな負担差を生みますので、フラット35は是非とも利用したいとお思いの方もいていると思います。
このフラット35ですが、実は住宅の評価によって適合していないと利用できないのです。
ひとつの目安になるのが、築年数です。耐震性などの基準が立てられた年度によって異なるので、それらがフラット35に対応しているか確認する必要ああるのです。
そのほかにも細かな規定があるので詳しくはかきませんが、築年数のある程度たったものを検討するときは注意が必要です。

 

せっかく家を購入する気になっているのに、思っているローンが組めないとなると非常に残念ですので、フラット35で住宅を購入するときは築年数をしっかりと確認することを忘れないでくださいね。

中古住宅購入関連ページ

住宅ローンと保険
住宅ローンの基本知識を詳しく説明。

ホーム サイトマップ