おススメの金利はどっち?

固定金利と変動金利はどっちがおススメ?

住宅ローンを組むときに悩ましいのが、固定金利と変動金利どちらで組むかという点です。
このふたつは同じ銀行で住宅ローンを組むとしても、金利を含めた最終的な支払金額が大きく変わってくることがあります。
このふたつのどちらを選んだらいいのかは、どのようにして住宅ローンを組むかによって変わってきます。
そのためにはこのふたつのメリット、デメリットについて確認する必要があります。

 

固定金利は一定期間同じ金利であることを約束してくれる方法です。
その期間は選択することができ、1年や3年程度の短い期間、20年以上の長い期間があります。全体的に固定金利は高く設定されてりますが、固定期間が短いと金利が低く、長ければ長いほど高いという設定になっています。
固定金利は毎月の返済額が、決めた期間まで変わることがないので、計画的に返済することができます。
こどものいる家庭におすすめの方法です。

 

また、変動金利は名前の通り、金利が変動するタイプのものです。
そのため、景気がよくなると金利が上がる傾向にあります。
しかし、最初の金利は固定金利より抑えられているので、金利がそんなに高くならなければ、変動金利で返済するほうが安く済むことが多いようです。
変動金利はシングルや共働きなど、急な変化に対応できる世帯におすすめです。

おススメの金利はどっち?関連ページ

固定金利と変動金利
住宅ローンの基本知識を詳しく説明。

ホーム サイトマップ