固定金利と変動金利

固定金利と変動金利について

個人にとって住宅を取得することは人生における重大な決断なりますが、かなりの割合の人は住宅ローンを組むことになることでしょう。
そしてその住宅ローンの金額は相当な高額になることが考えられますので、その住宅ローンの金利のことは相当考えて決めなければなりません。
何しろ高額の返済が関わっていますでの少しの金利といっても大きな差が出てしまいます。

 

住宅ローンを組む時には、変化形があるかも知れませんが、基本的には固定金利型と変動金利型に分かれます。
住宅ローンを組む原則というのは、低金利の時代には当然固定金利型で逆に高金利の時代には、変動金利型というのが普通です。

 

しかし現在の日本のように低金利の時代が長く続くような予測がある時代は固定金利型よりもかなり金利が安い変動金利型の方が借りられてしまいます。
しかし金利の上昇が簡単には予測できないのは当然でその時のリスクにどう対処するかが、変動金利型のリスク管理ということになります。
固定金利型は返済するまで同じ金利なので大きなリスクは考えにくいのです。

 

一概には言えませんが、固定金利型で返済可能であるような借り入れならば、変動金利型でも十分返済することが可能であると考えられます。

固定金利と変動金利関連ページ

おススメの金利はどっち?
住宅ローンの基本知識を詳しく説明。

ホーム サイトマップ