金利について考える

金利は重要なポイント

一生で一番大きな買い物と言えば、多くの人がマンションや戸建てなどマイホーム関連の例を挙げるのではないでしょうか。
たしかに住宅を購入するには何千万円もの費用が必要で、一般的な人からすれば一生で一番大きな買い物となる場合が多いでしょう。

 

住宅を購入する場合に多くの人は「住宅ローン」を組んで住宅購入の費用を賄うことになると思います。
「住宅ローン」というのは、簡単に言えば分割払いのようなもので、銀行などの金融機関に住宅購入に係る費用を立て替えてもらって、お金を借りた金融機関に少しずつ返済していくというシステムです。

 

「住宅ローン」を借りる際に一番気になるのが「金利」だと思います。
「金利」とは、要はお金を借りた銀行に対して借りた金額に利子を上乗せして返済するということです。
利子というと甘く考えがちですが、「住宅ローン」の場合、借りる金額も大きいので、「利子」だけでもけっこうな負担になってしまいます。

 

「金利」には変動金利と固定金利があり、「住宅ローン」を組む際に選択できます。
また、変動と固定以外にも、特約のついた「住宅ローン」プランなどもあることから、「住宅ローン」を組む際には入念に情報収集を行い、少しでも自分に有利な「金利」で「住宅ローン」を組むべきでしょう。

 

金利について考える記事一覧

固定金利と変動金利

個人にとって住宅を取得することは人生における重大な決断なりますが、かなりの割合の人は住宅ローンを組むことになることでしょう。そしてその住宅ローンの金額は相当な高額になることが考えられますので、その住宅ローンの金利のことは相当考えて決めなければなりません。何しろ高額の返済が関わっていますでの少しの金利...

≫続きを読む

 

おススメの金利はどっち?

住宅ローンを組むときに悩ましいのが、固定金利と変動金利どちらで組むかという点です。このふたつは同じ銀行で住宅ローンを組むとしても、金利を含めた最終的な支払金額が大きく変わってくることがあります。このふたつのどちらを選んだらいいのかは、どのようにして住宅ローンを組むかによって変わってきます。そのために...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ