借り換えと繰り上げ返済

借り換えと繰り上げ返済について

住宅ローンを組む時に変動か固定金利か等を選びますが、その時の金利が時代の経過によって今より下がった(低い利率になった)時に借り換えを考えることになります。
しかし、少し下がったくらいでは借り換えても審査もありますし手間だけかかって余り意味が無い場合もあります。

 

新しく借りる金融機関で又諸経費がかかってしまいますし、返済時にも手数料がかかります。それらを差し引いても価値があるなら借り換えた方が良いでしょう。

 

あらかじめ何%金利が下がったら借り換える。等と決めておくと良いかもしれません。
ここで注意しておきたいことはフラット35に入っていた場合、それより金利の低いフラット35には借り換えができないとか、銀行などからはフラット35に借り換えできない等の制約があることです。

 

次に繰り上げ返済ですが、たいていの人はローンは借金であるから早く返済したい。だから繰り上げ返済すると考えているかもしれません。

 

大抵の金融機関では繰り上げ返済時にその度ごとに手数料がかかってしまいます。
ですので数十万単位で小まめに返済するより、百万円単位以上のまとまった金額で返済した方が良い場合もあります。

 

フラット35では繰り上げ時に手数料がかからない所もありますが、金額や回数に制約がある所も多いので注意が必要です。

借り換えと繰り上げ返済関連ページ

フラット35
住宅ローンの基本知識を詳しく説明。

ホーム サイトマップ