借り換えについて

住宅ローン借り換えに基礎知識

住宅ローンを組んでいる方はローンの借り換えを考えいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
ローンの借り換えとは、ある金融機関で組んでいたローンを別の金融機関で借りなおして、ローンを借りる金融機関を切り替えることをいいます。
長期的な低金利のために昔に組んでいたローンよりもずいぶんとローン金利も下がっています。
借り換えをしたほうがお得な場合も少なくありません。
借り換えの利点は、いくつもあります。
例えば、現在借りているローンよりも有利な金利のローンへ借り替えることで返済総額を減らすこと、金利を低いものにすることで月々の返済額を減らして負担を減らすことなどです。

 

借り換えプランを見てみると、たった0.数パーセントの金利差しかないと思われるかもしれません。ですがこのたった0.数パーセントの金利差でも返済期間が20年30年と続くと返済金額が元の金利よりも100万円200万円違うことも珍しくありません。

 

一番顕著なのが段階金利の住宅ローンを借りている方で、段階金利から固定金利にすることでずいぶんお得になる場合もあります。
ただし借り換えにはそれなりの費用もかかります。具体的には事務手数料、そのほかにはローンを組む先を換えるのですから抵当権の設定も換えなくてはなりません。そのための登記費用などもあります。

 

それらの諸費用も含めて借り換えをしたほうが特になるのならぜひ借り換えをするべきだと思います。
ただ単に借入先を換えただけで、将来払わなければならないお金が減るのならぜひやるべきではないでしょうか。

借り換えについて記事一覧

借り換えと繰り上げ返済

住宅ローンを組む時に変動か固定金利か等を選びますが、その時の金利が時代の経過によって今より下がった(低い利率になった)時に借り換えを考えることになります。しかし、少し下がったくらいでは借り換えても審査もありますし手間だけかかって余り意味が無い場合もあります。新しく借りる金融機関で又諸経費がかかってし...

≫続きを読む

 

フラット35

「フラット35」という「住宅ローン」をご存知でしょうか。テレビや雑誌などでも一時期頻繁に取り上げられていた為、詳細は知らなくても「フラット35」という言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。「フラット35」は、住宅金融支援機構及び提携している民間の金融機関が提供する長期固定金利の住宅ローンのこ...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ